読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トゥート@はてなブログ

やや自虐的に手短かにな。

痴漢冤罪が怖くて、通勤電車に乗りたくない

スポンサーリンク

痴漢(疑惑)→逃走→線路におりる→電車とまる のコンボが定番になってきている今日この頃、満員の通勤電車が恐怖でしかないよ。
いつ自分が、冤罪被害者になるか、わかりゃしない。

最近は、弁護士も、逃げろだの、逃げないで立ち去れだの、まあ社会問題といってもいいくらい盛り上がってる。

わいの場合、朝は、座れる時間に必ず出る。だから、基本、問題ない。
問題は帰り。
なかなかの混雑っぷりの中、乗車している。
原則として、女性の近くには行かないように心がけている。

不本意だが、素敵な女性と、おっさんがいたら、おっさん側に寄る。
中には、背中が暑く湿った、やなおっさんもいる。
不本意だが、それも我慢するしかない。

まじで、男性専用車両とか作れや、と思う。
同性が好きなんじゃない、自身の身を、そして家族を守るために。