読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トゥート@はてなブログ

やや自虐的に手短かにな。

痴漢冤罪が怖くて、通勤電車に乗りたくない

痴漢(疑惑)→逃走→線路におりる→電車とまる のコンボが定番になってきている今日この頃、満員の通勤電車が恐怖でしかないよ。
いつ自分が、冤罪被害者になるか、わかりゃしない。

最近は、弁護士も、逃げろだの、逃げないで立ち去れだの、まあ社会問題といってもいいくらい盛り上がってる。

わいの場合、朝は、座れる時間に必ず出る。だから、基本、問題ない。
問題は帰り。
なかなかの混雑っぷりの中、乗車している。
原則として、女性の近くには行かないように心がけている。

不本意だが、素敵な女性と、おっさんがいたら、おっさん側に寄る。
中には、背中が暑く湿った、やなおっさんもいる。
不本意だが、それも我慢するしかない。

まじで、男性専用車両とか作れや、と思う。
同性が好きなんじゃない、自身の身を、そして家族を守るために。

人に贈り物することを覚えちまったよ

今まで、お金は自分のために使いたいという、せこい考えが最前線に配備されていたんだが、最近、お金の使い方が変わってきた。
そう、人に何かを贈ることを覚えたのだ。

喜ばれると素直にうれしい。
深層心理で、何かリターンでも期待しているのだろうか。
それとも、最期にいいことを・・・的な予知行動で、もうじき死ぬんだろうか。

いずれにしても、お金は廻した方がいい、ということは、なんとなく感じている今日このごろ。

ただ、見ず知らずの人に、amazonから贈り物をするほどの余裕は、まだない。
金銭面、精神面、ともに、早くその境地にたどり着いてみたいもんだ。

芋焼酎をグレープフルーツで割ると、最高のサワーが爆誕することが判明

騙されたと思ってやってみ。

よく、芋焼酎を牛乳で割るのは聞いたことあるんだけど、残念ながら口にあわなかったんだ。
で、よくグレープフルーツサワー使うのに使うやつで、割ってみたのよ。
そしたら、ほどよい芋焼酎のクセが、いい感じに残って、おいしいのなんの。

騙されたと思ってやってみ。

簡単にポジティブ思考を実践する方法を思いついた

ポジティブ思考について昨日書いたけど、てっとりばやく実践する方法みつけた。

例えば、わいはYoutuberが大嫌いだ。
その大嫌いなYoutuberを褒めてみようと思う。

くっそつまらん動画をタイトルだけで煽りつりあげて再生数稼ぐんだから、なんかすごいね。
ビジュアル的にも、どれもこれもアレなのに、恥ずかし気もなく世界にどや顔さらして、なんかすごいね。

言いたいこと言って、最後「なんかすごいね」で〆るとい荒業。
どうだろう。
一応、形式上は褒めている。
なんか解釈間違ってるね、絶対。

究極のポジティブ思考に出会ったかもしれない

昨日、寝際に2chまとめみてて、久々にピコーン!とくるような良スレに出会った。
それが、他人を批判しないで褒めるようにしてみる、だ。
これって、究極のポジティブ思考じゃね?と思ったんだよね。

いわゆるポジティブ思考って、内向きなことが多いじゃない。
自分が中心で、自分を前に向かわせるために、がんばっていい方向に考えるってやつ。
でも、批判しないで褒めるってさ、外向きじゃない。
他人に対してポジティブな見方をする。
これ、スゲーなと思ったのと同時に、その手があったか、とも思った。

どんなカスみたいな人間だって一つくらい褒めるとこあるじゃん。
例えば、すっげー仕事遅い後輩とかいたとして、そこ批判するより、そいつのいいとこをクローズアップしてみるわけ。

じゃ、その結果、さらに仕事遅くなったらどうすんの。批判すべき欠点が増幅したらどうすんの。ってなるじゃん。
いや、その図太さ、鈍感力もまた、褒めるべきとこなんじゃないの。

結局、人を褒めるって、ある意味、人より優位にたつ(気になる)という意味もある。
そこに、絶対的なポジティブを感じた。

まあ、そうは言っても、褒めること考えるのストレスだわ、無理があるわ、ってのも確かにある。
だからこそ、それをやりきれることに、究極のポジティブ思考だなとも思った。
簡単に使いこなせたら、みんなやってるよ。

でも、やってみる価値は十分にあると思うんだ。
まずは一ヶ月のトライアル期間とかで試してみようかと思う。

おかあさんといっしょの収録に当たった

3歳次女の当選通知メールがきた。
おかあさんといっしょは、3歳のたった1年間しかチャンスがないが、のほほんとしているうちに、次女の3歳期があと半年もないことに気付いて、あわてて申し込みを始めた。
3月に申し込んで外れ、今回で2回目の申し込みで当選。
なかなかのもんでしょ。

近いうち、ハガキが届き、そこに収録の日時が指定されているそうな。
ちなみに、収録の付き添いは親族1名のみで、カメラ、ビデオは一切禁止。

おかあさんといっしょ だいすけお兄さん ありがとう、また会う日まで。 (げんきMOOK)
 

いや、わいも観たいやん、お姉ちゃんも観たいやん、という場合は、200円払ってスタジオパークから生放送のような感じで、収録の様子をみれるらしい。
そっちだな。

しかし、よりによって、おにいさんが交代したばかり。
できれば、だいすけおにいさん、たくみおねえさんの時に観たかったけど、まあいいか。

あとは、パントに選ばれればばっちりだな。

D-Bikeとかいうストライダーっぽいやつで自転車特訓した結果

次女(3歳)が、このGW期間中に乗りこなすにいたった。

サドル下の足置き台にスクーターのように両足乗せてスイスイいったり、大開脚いえーーーーいな感じもいける。
バランスはバッチリ、いや、たいしたもんだ。
あとは、補助輪つきの自転車を1、2回乗せて「こぐ=動く」ということを体で覚えれば、自転車も乗りこなせるだろう。

D-Bike+LBS COLORS ピンク

D-Bike+LBS COLORS ピンク

 

D-Bikeは、アカチャンホンポで買ったやつで、ストライダーより安い。
まがいものとまでは言わないが、コストカットのために選んだのは否定できない。

その、本物のストライダーにまたがって、よちよち歩く、次女よりちょっと大きい子の横を、D-Bikeで次女がドヤ顔っぽくスイスイ通り過ぎる。
「っぽいやつ」でも上達できてよかったわ。

ハンドスピナーは、スマホの手休め、目休めにいいかも

流行の兆しとかいうニュースをみて気になったんだが。
画像クリックで動画再生

ほほう。
面白いっていうか、暇つぶしの手遊びのようにしか見えないけど。
なんか技とかあんのかな。
あと、ベアリングで駆動するというあたりで、カスタム品とか、自作爆回転スピナーとか作る猛者があらわれて、もっと面白くしてくれるような気もする。
ミニ四駆の時みたいに、空気抵抗ガガガガとか言ってな。

そこまでいけば、1個1個が高くないから、コレクター心をくすぐりそうだな・・・。

と思ったら、すでにamazonで色々売ってんだ。
正規品に、真鍮削り出しモデル・・・、ノイズ低減・・・。
深いな、深すぎる。

うんこ漢字ドリルの凄いとこ

小1の長女と、本屋で目にして、二人で爆笑したんだが。
例えば、
・「そら」をみあげたたらうんこが、みえた(「そら」を漢字で埋める)
・てんじょうに「おお」きなうんこがぶらさがってた(「おお」を漢字で埋める)
みたいな問題。
どの問題にも、必ずうんこが登場する。

日本一楽しい漢字ドリル うんこかん字ドリル 小学1年生

日本一楽しい漢字ドリル うんこかん字ドリル 小学1年生

 

次はどんなうんこネタなんだろう、と思って、どんどん進めたくなる。
とまらない。
これは、凄い、と思った。
けど、意識が「うんこ」にばっかりいって、肝心の漢字を覚えられる気はしない。
少なくとも、うちの子の爆笑っぷりみると、うちの子にはベクトルが違うといか、脱線しまくるのが目に見えてるよ、という気がした。

ところで、1年生、2年生くらいまではまだいいよ。
勉強する楽しさを経験する、という意味では。
6年生くらいになっても、やっぱ、学力向上に繋がるんだろうか。
こないだは1年生のやつしか見なかったけど、今度6年生のやつもみてみるとするか。

星野源のどこがいいのかわからないんだが

最初にいっておくが批判ではない。
わからないから、教えてほしいのだ。
タレ目がいいのかな?

働く男 (文春文庫)

働く男 (文春文庫)

 

ちなみに、Eテレの「みいつけた」で流れる「グローイングアップップ」は、確かにいい曲だとは思う。
思うけどさ、取り上げられ方みてると、どうもそこじゃないような気がする。
わいの節穴に、これだろってのを投げかけてはくれんだろうか。

ネスレのバリスタで、ついにやらかした

コーヒーカップをセットし忘れたまま、ボタン押してしもうた。
いつかやると思ってたけど、実際にやると、なかなか凹むな。

気づいた時はすでに手遅れで、床がコーヒーまみれ。
無料で借りてるからアレなんだけどさ、下の受け皿みたいな部分で、重さ感じなければコーヒー出ないとか、なんかお知らせしてくれるとか、そういう機能ほしいな、と思った。
お金出していい機種にでもすれば、あるんだろうけど。

皆の衆も気をつけるべし。

ディズニーのカードゲーム、マジックキャッスルデビューしてみた

2人の娘ともにデビューしてみた。
ちなみに、最初はよくわからずゲームして出てくるカード集めればいいと思ってたけど、隣にあるガチャガチャの鍵を持ってないと、あまり意味がないことを知ったので、さっそく買ってあげた。
鍵2本とゲーム2回で1,000円。

鍵はとりあえず1本ずつあればいいから、しばらくはゲームでカードとポイントを貯める感じになるのか。

「ああ金かかるなー」なんて言いながら、二人の子供が喜ぶ姿を見てデヘデヘするのも、なかなかいいもんだぞ。

びっくりすると、あれを放出する次女

色々と面白い武器を装備している、次女(3歳)だけど、その中でも必殺技の部類に入るのが、びっくりした時にオナラをする、という技。
オナラする、というより、オナラ出ちゃうって言った方が正しい。
しかも、無音のやつ。
めちゃくちゃ臭い。

あの技に、名前をつけてあげたい。

ブログでお小遣い稼ぎに向いてない人の特徴

自分みたいな人な。
ポイントとしては、
・(意欲はあるものの)毎日続けられない
・目標(収益)が高く身の丈にあってない
・根拠のない自身家

やっぱ、こういうのは、きちんと勉強をして、その成果を基にブラッシュアップを続けられるだけの根拠ときめ細やかさがないと無理だわ。
そういう意味では、まあ小銭程度は手に入れられるかもしれないけど、ちょっとしたお金を手にするのは難しいのかもしれない。

あ、でもさ、サラリーマンだから。
確定申告とかで副業ばれると面倒だからさー、と吹くことはできる。

プロブロガーになる人を、色んな意味で、本当に色んな意味で尊敬するわ。